アミューズメント施設に少年がミニバイクで侵入

22日夜、横浜市西区にある大型アミューズメント施設内をミニバイクで1階入り口から侵入し、約1分半にわたりゲーム機周辺などを走った後、店外へ出たそうです。
ミニバイクを運転していた少年を、建造物侵入などの疑いで行方を捜査しているとのことです。
けが人や機器の損壊はありませんでしたが、施設側は23日に被害届を提出しました。
動画投稿サイトには、現場の様子を撮影したとみられる動画が投稿されており、関連などを調べているそうです。
悪ふざけのつもりでやったのかと思いますが、人に迷惑をかけるのは良くないですね。
しっかり反省をしてほしいと思います。

アンダーパスで車水没

台風16号の影響で、中国・近畿は大雨に見舞われた。川の増水や流れも激しさを増し、流されて行方不明者も出ている。
また、町中も例外ではない。愛知県では県道にあるアンダーパスに水没した車から、運転手とみられる女性が救助され病院に運ばれた。女性は意識不明の重体だという。
通りがかった男性が、水没した状態の車を発見し通報したが、発見から1時間半前にはアンダーパスは通行止めで看板が置かれていたそうだ。
アンダーパスは過去の大雨でも冠水しており、この日も通行止めになっていた。女性は看板に気が付かなかったのだろうか。意識が戻ると良いのだが・・・。

琵琶湖で派遣社員の男女不明

滋賀県彦根市松原町の琵琶湖で、4日の午後5時45分ごろ、水上バイクに乗った男女2人が行方不明になったと通報がありました。
捜索をしましたが見つからず、午後8時半にいったん捜索を打ち切りにし、5日午前8時から再開をしています。
行方不明の2人はいずれもブラジル国籍で、滋賀県湖南市に住む派遣社員の女性(34)と40歳くらいの派遣社員の男性です。
救命胴衣は着用していたそうです。
2人は昼ごろ、友人ら約30人と琵琶湖を訪れ、午後2時過ぎから沖合で水上バイクで遊んでいました。
3時間以上たっても戻ってこなかったため、友人の女性が通報したということです。
当時現場付近は風がほとんどなく、波は穏やかでした。
2人はどこに行ってしまったのでしょうか。
事故などになっていないことを願います。
救命胴衣を着用しているそうなので、何とか元気な姿で帰ってきてほしいですね。

崩れた崖から

今年4月に発生した熊本地震では、各地の崖が崩落し立入禁止区域にしている箇所も多い。そんな中、どういう訳か16歳の男子高校生が崖から転落して死亡した。状況などから、警察は自殺の可能性もあると発表した。
場所は南阿蘇村立野の崖で、男子生徒は転落した状態で発見された。県はヘリコプターを出動させ救出すると、意識のない状態だが息はあったという。すこし経ってそのまま死亡した。
その後警察が捜査を進めると、復旧工事の関係者が、付近で1.5メートルほどの高さのフェンスに乗っている男子生徒の姿を目撃していたとわかった。
遺書などは見つかっていないというが、たしかにこの状況で事故だというのは考えにくい。夏休みという長期休暇明けのこの時期、学生の自殺が増える時期でもあるという。一体なにがあったのか。