時をかける少女、連ドラで復活

1965年の原作発表以来、幾度となく実写映像化・アニメ化・舞台化がされてきた筒井康隆作『時をかける少女』が、日本テレビ7月クールの連続ドラマとして実写化されることが分かったそうだ。連続ドラマ初主演となる黒島結菜が時を自在に行き来する能力を身に付けた少女・芳山未羽、その芳山と恋模様を展開する2122年から来た未来人・深町翔平役に菊池風磨が抜擢された。
”青春小説の金字塔”と評される原作は、これまで物語の舞台が変わったり、原作主人公の姪がメインになったり、映像化されるたびに違った切り口で描かれてきたが、今回のドラマ化では少女だけではなく、未来人ケン・ソゴル側から見たストーリーも丁寧に描く新しい試みに挑戦するとのこと。彼はなぜ未来から2016年に来たのか?現代での生活をどう感じているのか?少女のどこに恋をしたのか?といった今まで描かれてこなかった”丁寧な心理描写”を打ち出しているという。
理科実験室でラベンダーの香りをかいでから手に入れた”時を自由に超える能力”にはじめは戸惑うも、能力を使って起こる様々な出来事を通して自分を見つめ直していく少女を演じる黒島さんは、何度も映像化された本作への主演に「皆さんが知っている作品に出演できるのがありがたく、プレッシャーよりも頑張ろうという気持ちが大きい」と前向きな姿勢を見せているそうだ。
何度もリメイクされている作品だが、毎回新鮮な作品となっているので7月からの放送も楽しみだ。